診療案内のページです
雨宮病院TOP診療案内整形外科リウマチ専門外来(整形外科)
整形外科
リハビリテーション科
形成外科
内科・胃腸科
皮膚科
特別美容外来
リウマチ科目 整形外科
主な対象疾患
関節リウマチ、運動器・骨関節疾患、整形外科一般
診療科の特色
《関節リウマチとはどのような病気ですか?》
関節リウマチは関節の痛みや腫れを生ずる病気で、十分な治療をしないと進行して関節が壊れ、職業生活にも影響を与え、日常生活動作が損なわれます。日本では70〜100万人の患者様がいると言われています。
どの年齢の人にもかかりますが、30〜50歳代の女性で多く発症すると言われています。そして、関節だけでなく、全身の内臓なども悪くなったりして、寿命も短くなる病気です。
昔は治らない病気であるといわれてきましたが、最近は早く診断をして、早く適切な治療を受ければ治るといわれるようになりました。たとえ、治るとまでは行かないまでも、自分のライフスタイルを守りながら適切な治療を受けて行けば、普通の生活や仕事が出来るようになります。
《関節リウマチの原因はなんでしょうか?》
原因はよくわかっていませんが、人には免疫機構といって、体内に入ってきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃して排除するという、生まれながらに持っている性質があります。
これが何らかの原因でこの免疫機構に異常が生じ、自分の体の成分や組織を外敵と誤って攻撃して排除しようとして、免疫機構と正常の組織が葛藤をして関節に炎症反応を生ずるのが関節リウマチです。
《診断はどのようにしてするのでしょうか?》
朝のこわばりや、関節の痛み、腫れ、血液検査成績、エックス線検査などによって診断をします。
血清リウマチ反応が陽性ならば関節リウマチであると誤解している人がいますが、これはあくまでも参考程度であるに過ぎません。似たような関節の病気が沢山ありますので診断は難しいことがあります。
関節の状態や病気をみるのは整形外科医の専門分野でありますので、リウマチ整形外科医のいる当院は診断を受けるのにもっとも望ましい病院と言えます。
日本リウマチ学会ではリウマチ専門医という医師を認定しており、日本リウマチ財団ではリウマチ登録医、日本整形外科学会ではリウマチ医を認定しています。これらの専門医に最初の診断を受けるようにすすめています。(当院の医師はすべての資格を持っています。)
《治療はどのようにするのでしょうか?》
関節リウマチの関節破壊は発症初期から進行するので早期から治療をする必要があります。なるべく早くリウマチ専門医を受診して下さい。適切な治療を早く始めるほど病気はよくなります。
治療は抗リウマチ薬を中心とした根本治療と炎症を抑える抗炎症剤の二本立てで行います。抗炎症剤やステロイド(プレドニン)は痛みや腫れを和らげることを目的とした補助療法ですので、症状が治まれば中止するようにします。
最近の著しい進歩は生物学的製剤といわれる薬です。生物学的製剤とは、炎症や関節破壊などのリウマチの発症にもっとも関わる分子の働きを妨げるバイオ医薬品です。病気の「主犯」をピンポイントで攻撃して、効果が大きく、副作用も少ないのですが、一旦副作用を生ずると重症になるので使い方が難しく、専門医に任せるのがよいでしょう。
これにより多くの人で関節破壊の進行が完全に抑え込まれ、寛解といって、病気が治った状態になることが知られてきました。
このように、治療の目標が「病気を抑えて日常生活の動作をよくする」から「関節破壊、変形の進行を抑え込み、寛解を目指す」という考えに劇的に変わってきています。
《関節リウマチの本当の治療とはどのようなものでしょうか?》
《薬剤療法だけでは治らないリウマチはどうするのでしょうか?》
生物学的製剤による治療に劇的効果があるといっても、現在のところ、治療を期待できるのは関節リウマチ発症後2(〜3)年以内の患者さんの話です。長年リウマチに罹っていて既にある程度進行した患者様や、いろいろの理由で生物学的製剤を使えない患者様は沢山おり、このような患者様は進行を防げません。
また、生物学的製剤で関節破壊が防げるといっても、ある程度破壊や変形が進んだ関節は正常の関節に戻ることはありません。
このような状態になった場合には、変形性関節症といって、痛みや日常生活の不便さがつきまといます。このような状態に対しては整形外科専門医による治療が必要になります。そのような意味で包括的治療(トータルマネージャー)が必要となります。
それには整形外科医であり、リウマチ専門医である医師のいる当院は大きな力になります。適度の運動や日常用具の工夫、自助具の活用をしたり、リハビリステーションを行ったり、時には手術が必要になることもあります。
このようにして当院で治療を受ければ自分に合った治療を見出すことが出来るでしょう。
ドクタープロフィール
リウマチ科専門医 並木修
並木 脩
昭和大学医学部整形外科 客員教授
佐久市野沢出身
  • SICOT(国際整形災害外科学会)名誉会員
  • 日本整形外科学会 専門医、リウマチ医、スポーツ医
  • 日本リウマチ学会 功労会員、リウマチ指導医、リウマチ専門医
  • 日本リウマチ財団 リウマチ登録医
  • 日本リウマチ・関節外科学会 名誉会員
  • 日本リハビリテーション医学会 臨床認定医
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター