診療案内のページです
整形外科
リハビリテーション科
形成外科
内科・胃腸科
皮膚科
特別美容外来
形成外科目 整形外科
   形成外科は、生まれつきの身体表面の変形、色の変化あるいは外傷や手術(腫瘍切除など)後の組織欠損や変形などを、正常な状態に出来るだけ近づくように治療する診療科です。
 体表の皮膚や軟部組織を対象としていますが、顔面に関しては形態も重要であり、骨の病気や外傷も形成外科で治療しています。

 手術が主な治療手段になります。このため手術による創をふくめた傷(きず)をできるだけきれいに治すことを考えて治療を行っています。
主な診察内容
  (1)頭蓋顎顔面外科領域 
(顔面骨骨折・先天性奇形)
(2)癌手術後の再建 
(皮弁・遊離皮弁植皮による再建)
(3)熱傷
(4)唇裂・口蓋裂
(5)耳介変形、多合趾症等の先天異常
(6)褥瘡・難治性潰瘍の治療
(7)美容外科
形成外科で扱う分野
  一言で言うと形成外科とは「外観や機能に影響する病態を正常の形態と機能に治す外科」と言えます。形成外科で扱う分野は大きく
@外傷 A先天奇形 B再建外科 C皮膚腫瘍 Dその他
に分けられます。
次にそれぞれについて述べます。
《外傷》
  顔面骨の骨折、顔面軟部組織の損傷をはじめ切断指など手指の外傷、熱傷などがふくまれます。外傷後・術後の瘢痕、ケロイドも扱っております。
大きな外傷だけでなく「カッターで指を切った」、「転んで顔をすりむいてしまった」などの軽傷も扱っております。
《先天奇形》
  唇裂・口蓋裂、小耳症、副耳、耳瘻孔、先天性眼瞼下垂を始め、Crouzon病などの頭蓋顎顔面の奇形、多指症などの四肢の奇形、漏斗胸・臍ヘルニアなどの体幹の奇形を扱います。
部位によっては他科と協力して治療にあたる分野です。
《再建外科》
  他の外科系(耳鼻科、外科、整形外科、口腔外科など)の手術(主に悪性腫瘍)で失われた組織や機能をできるだけ正常に近づける分野です。また、外傷による変形・欠損・キズあとによるひきつれ等に対しても再建手術を行います。
いろんな外科系の手術に入ることが多いのが形成外科の特徴です。
《皮膚腫瘍》
  黒子・粉瘤・脂肪腫・鶏眼・疣贅などの小さなできものから扁平上皮癌・悪性黒色腫などの皮膚癌も扱います。
特に顔面皮膚腫瘍では、形成外科的な血管腫も皮膚腫瘍に含まれますが当院では血管腫治療用レーザーを所有していないため治療は行っておりません。
《その他》
  上記に分類されないもので形成外科が扱う疾患ですが、老人性眼瞼下垂、眼瞼痙攣、巻き爪(陥入爪)、難治性潰瘍(褥瘡、放射線潰瘍、糖尿病性潰瘍)などがあります。
 
ドクタープロフィール
宇都宮裕己
宇都宮裕己
昭和大学病院 形成外科 所属
広島大学医学部医学科(形成外科)卒業
  • 日本形成外科学会 専門医